もうすぐ1年警備員奮闘記

x6ulbrbt.exblog.jp
ブログトップ

北方領土問題で協議加速迫る(産経新聞)

 岡田克也外相は29日夕(日本時間30日午前)、カナダのガティノーでロシアのラブロフ外相と会談し、北方領土問題について「経済や安全保障の分野だけでなく、本質的な問題である(領土の)帰属問題についても進展を図る必要がある」と強調、問題解決に向けての外相レベルの協議を加速化させるべきだとの考えを示した。ラブロフ氏は「意識的に遅らせることを望んではない。しっかりと議論していく用意がある」と述べた。(オタワ 今堀守通)

<掘り出しニュース>“飛行機ホテル”客室はファーストクラス風(毎日新聞)
元公設秘書「パーティー収入水増しによる虚偽記入を指示」 検察側冒陳要旨(下)(産経新聞)
想像もできない=投票代行問題で自民・青木氏(時事通信)
元・光GENJI赤坂被告、懲役1年6月判決(読売新聞)
<浜岡原発>5号機の大きな揺れの原因は「増幅効果」(毎日新聞)
[PR]
# by z4kdnjlmr3 | 2010-04-03 01:38

<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)

 大木英夫さん66歳(おおき・ひでお<本名・佐藤政穐=さとう・まさあき>歌手)25日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。葬儀は27日午前10時、東京都杉並区高円寺南2の2の2のコムウェルホール高円寺。喪主は妻弘子(ひろこ)さん。

 68年に津山洋子さんと「新宿そだち」を、72年には二宮善子さんと「あなたまかせの夜だから」をデュエットで歌った。

<岡田外相>米国防長官と会談へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
公明・坂口衆院議員、辞職の意向…参院選後に(読売新聞)
「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
<福知山線脱線事故>遺族らJR西に一律賠償金を要求へ(毎日新聞)
貨物船衝突 1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡(毎日新聞)
[PR]
# by z4kdnjlmr3 | 2010-03-31 13:46

<皇后さま>旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)

 皇后さまは29日、東京都中央区の日本橋三越本店で開催中の「第23回旭出学園工芸展」に訪れた。同学園は幼児から成人までの知的障害者を対象に都内や静岡県などで教育や生産活動を行っている団体で、隔年で作品展を開いている。

 皇后さまは皇太子妃時代から同学園の活動などを視察してきた。この日も障害者が作り、展示・即売している焼き物や織物などを約30分間にわたって見て回り、鍋敷きやはし置きなど数点を自ら購入した。

官房機密費全面公開へ 首相明言(産経新聞)
大学生に聞く、老後の頼りは年金か貯蓄か
<恐竜>豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初(毎日新聞)
大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県(医療介護CBニュース)
五輪招致断念 広島市長は苦渋の表情(産経新聞)
[PR]
# by z4kdnjlmr3 | 2010-03-29 13:21

<貨物機炎上>事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)

 成田国際空港で米フェデラル・エクスプレス(フェデックス)の貨物機が炎上し、乗員2人が死亡した事故から1年を迎え、事故現場の滑走路脇で23日、追悼安全祈願行事が開かれた。空港会社の森中小三郎社長やフェデックスの氏家正道・北太平洋地区担当副社長ら30人が花を手向け、黙とうした。

 事故は昨年3月23日に成田空港のA滑走路で発生。強風の中、着陸に失敗した貨物機が横転、炎上し、米国人の乗員2人が死亡した。78年の成田開港以来初めての航空死亡事故だった。森中社長は「事故の経験を無駄にすることなく、航空の安全確保を誓います」とコメントした。また、フェデックス関係者らは、空港を一望できる千葉県成田市三里塚の高台「三里塚さくらの丘」に桜の木を植樹し、碑を設置した。【駒木智一】

【関連ニュース】
成田空港:団結小屋の撤去を命令、地上権認めず…千葉地裁
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
乱気流:成田行きUA機巻き込まれ18人重軽傷
外国人遺体:成田着デルタ機の主脚格納部に 密航目的か
航空トラブル:NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港

衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)(産経新聞)
懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)
<不起訴>元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで(毎日新聞)
<伊吹山ドライブウェイ>除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
一票の格差「違憲」=衆院定数訴訟で7例目判決−名古屋高裁(時事通信)
[PR]
# by z4kdnjlmr3 | 2010-03-27 01:39

<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)

 栃木県日光市の中禅寺湖のほとりに建つ英国大使館別荘が4月1日に栃木県に無償譲渡される。別荘は英外交官として幕末から明治にかけて活躍したアーネスト・サトウ(1843〜1929)が1896(明治29)年に建てた。県は別荘を改修後、一般開放するための整備を進める方針。【浅見茂晴、葛西大博】

 標高約1300メートルの湖畔は明治以降、避暑地として数多くの大使館別荘が建てられた。明治末期には30カ国の別荘があり、英国は最も古い。木造2階建て延べ床面積は約495平方メートル。外観は和風建築だが、室内には暖炉などがある。現在、湖畔に建つ四つの外国大使館別荘(記念公園含む)の中で最も眺望がよいとされ、2階からは紅葉で有名な八丁出島が眼前に広がる。

 明治以降、日光が観光地として発展する過程などを記した「日光避暑地物語」(平凡社)などの著書がある元市職員、福田和美さんによると、英国大使館通訳だったサトウが、湖畔の家を借りて夏場を過ごした際、現地を気に入り、明治天皇から土地を提供されて別荘を建てた。その後、大使館別荘として使用したという。

 別荘は老朽化が進み、2年前から使われていなかった。09年1月に大使館側から県に譲渡の打診があった。時期は未定だが県は補強工事後、一般公開する。福田富一知事は「歴史的な建築物を譲渡していただけることになり、大変ありがたい」と話した。

 サトウは「一外交官の見た明治維新」の著者として知られる。

北教組「校長交渉」の文書入手 「学テ公表するな」「異動は組合尊重」(産経新聞)
遺体を取り違え 都監察医が解剖 警視庁誤搬送(産経新聞)
<名古屋市長>支援団体2人辞任「信頼できない」(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって(産経新聞)
[PR]
# by z4kdnjlmr3 | 2010-03-25 12:14